雑学

こどもの日の食べ物の由来!え、ちまきや柏餅の他にもある?

こどもの日がやってきました!

 

突然ですが、みなさん!

みなさんは、こどもの日に食べる「食べ物」があるってご存知ですか?

、、、え、知ってる?

でも、その食べ物の意味や由来は知らないのではないでしょうか?

 

ちなみに私は、「こどもの日の食べ物」の存在自体知りませんでした(笑)

 

なので今回は、こどもの日に食べる「食べ物とは何か?」

「意味や由来は何か?」について紹介したいと思います。

スポンサードリンク


こどもの日に食べる食べ物とは?

こどもの日に食べる食べ物は、2つあります!

それは、

『ちまき』と『柏餅』です!

 

個人的に、「柏餅(かしわもち)」は知っていますが、

「ちまき」という食べ物は知りませんでした!

 

なので俄然興味が出てきました!(笑)

では、2つの食べ物について、意味や由来も紹介しますね!

 

『ちまき』とは?「意味や由来」

ちまきとは、写真のように、

「蒸した餅を茅(ちがや)や笹(ささ)の葉で巻いて食べ物」です。

 

では、なぜこの「ちまき」が、

こどもの日に食べられるようになったのか、

意味や由来について紹介します!

 

「ちまき」をこどもの日に食べる意味や由来!

ちまきの意味ですが、中国でちまきは、

邪気払いや、厄払いの力がある」

と言われていました。

 

そう言われるようになった由来ですが、

昔、中国にはみんなから愛された「屈原(くつげん)」という政治家がいました。

しかしある時、地位を失ってしまい、川に身投げをしてしまいます。

それを知った国民たちが、

「屈原さんの亡骸を魚がつついてしまわないように、代わりにちまきを入れよう!」

と、亡骸を突かないように「魚よけ」をしました。

そこから、ちまきには、「厄払いの力がある」と言われるようになったそうですよ!

 

ちなみに、茅(ちがや)の葉が使われているので、

「ちがやまき」と呼ばれていたみたいですが、

それがどんどん略されて、「ちまき」になったそうですよ!

 

『柏餅』とは?「意味や由来」

柏餅とは、写真のように、

「あんこ餅を柏の葉で巻いた食べ物」です!

 

では、なぜこの「柏餅」が、

こどもの日に食べられるようになったのか、

意味や由来について紹介します!

 

「柏餅」をこどもの日に食べる意味や由来!

柏餅の意味ですが、

「柏の木の葉は、新しい芽が出て来ない限り、葉っぱは落ちません」

なので、「柏の葉→親」「新しい芽→子供」に例えて見てみると、

『子供が生まれない限り、親は死ぬことがない』=『家系が途絶えない』

という由来があり、「子孫繁栄」という意味があります!

 

ちなみに昔から、「柏の葉」は、「神様へのお供え物を盛る器」として使われ、

『神聖な木』として考えられてたそうですよ。

 

「ちまき」「柏餅」以外の、こどもの日の食べ物とは?

こどもの日は、「ちまき」と「柏餅」というイメージが強いのではないでしょうか?

しかし、調べてみたところ、こどもの日に食べる食べ物は他にもありました!

それは、

「あくまき」です!

引用:https://goo.gl/images/b1OMAa

写真のような和菓子です。

木や竹を燃やした灰からとった灰汁に、もち米を浸し、竹の皮で包んだ食べ物です。

灰汁のことを「あく」と呼ぶことから、「あくまき」と言います。

 

九州地方で食べられるそうですよ!

試しに食べてみてはどうですか!

スポンサードリンク


豆知識!

・関西は「ちまき」で、関東は「柏餅」!?

こどもの日に、

関西では主に、「ちまき」を食べ、

関東では主に、「柏餅」を食べるそうですよ!

九州は、「あくまき」ですね!

 

・柏餅の「柏の葉の表と裏」には違いがある!?

柏餅ですが、

柏の葉の「表」で巻いている餅は、『味噌あん』

柏の葉の「裏」で巻いている餅は、『小豆あん』

だそうです!

 

見ただけで、餅の中身が分かるようにしているらしいですよ!

 

豆知識にどうぞ!

 

まとめ

今回は、こどもの日に食べる「食べ物とは何か?」

「意味や由来は何か?」について紹介しました。

 

こどもの日の食べ物には、意味や由来があったのですね!

意味や由来を知って、ちまきや、柏餅を食べましょうね!(*^_^*)

-雑学