雑学

5月5日のこどもの日とは!意味や由来を簡単にまとめました!

5月5日のこどもの日がやってきました。

楽しみなGWの休みの1つですね!

 

そのこどもの日ですが、意味や由来をご存知ですか?

意外に知らない人も多いのではないでしょうか?

 

なので今回は、5月5日のこどもの日の意味や由来について「簡単」に紹介したいと思います。

スポンサードリンク


5月5日のこどもの日の意味とは?

5月5日のこどもの日の意味ですが、

 

『こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する』

 

という目的で1948年に作られました。

 

子供のための日だけではなく、母に感謝する日でもあるのですね!

意味は分かったと思います。

では、次に、こどもの日がなぜ作られたのか、

こどもの日の由来について見ていきましょう!

 

5月5日のこどもの日の由来とは?

5月5日のこどもの日の由来ですが、

5月5日は昔から、「端午の節句」として、

『男子の健やかな成長を願う行事』が行われていました。

 

ちなみに大正時代には、「児童愛護デー」という、

そのままの意味の「こどもを愛し、守る日」という日が5月5日に存在していました。

 

なので、この2つの、

  • 昔から、「男子の成長を願う日」だった。
  • 大正時代に、「児童愛護デー」があった。

という理由から、

5月5日が、こどもの日にはピッタリということで、

5月5日がこどもの日になったのが由来です!

 

もともとは、男の子が主役の行事だったみたいですが、

先ほど紹介したように、1948年に、

こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」

という、男の子と女の子関係ない「こども」の行事という意味に変わったそうですよ!

 

鯉のぼりの意味は?

こどもの日には、「鯉のぼり」を飾りますよね?

その意味をご存知ですか?

鯉のぼりの意味ですが、

 

「出世するように。立派な大人になるように。」

という意味で飾られているのです。

 

そう言われるようになったのは、

中国の『登龍門の伝説』というお話しが関係しています。

「中国の黄河上流には激流が連なった竜門と呼ばれる難所があり、そこを登り切った鯛は龍になれる」

これが、登龍門の伝説です。

 

簡単にいうと、

「頑張れば、「鯛」が「龍」に化ける」

つまり、

「頑張れば、「立派な大人」に化ける」

ということですね!

スポンサードリンク


こどもの日の食べ物とは?

こどもの日に食べる「食べ物」があるとご存知でしたか?

、、、私は知りませんでした(笑)

 

なので、私のような人がいるかもしれないので、

こどもの日の食べ物について簡単にですが、紹介したいと思います。

「柏餅(かしわもち)」

柏餅ですが、主に「関東」で食べられます。

あんこ餅を柏の葉で包んで食べますね!

 

「ちまき」

ちまきですが、主に「関西」で食べられます。

蒸した餅を、茅(ち)や笹(ささ)の葉で包んで食べますね!

 

簡単にですが、こどもの日に食べる「食べ物」もあるのですよ!

 

まとめ

今回は、5月5日のこどもの日の意味や由来について「簡単」に紹介しました。

理解しやすいように、簡単にまとめてみました!

 

親は、「こども」の幸せを願い

子供は、「母」に感謝しましょうね(*^_^*)

-雑学