雑学

3月30日のマフィアの日とは?『マフィア』が生まれた!?

マフィアの日がやってきました。

3月30日はマフィアの日ですよね!

、、、マフィアの日?

『何それ?』『あのマフィア?』

と思われたのではないでしょうか。

私も知らなかったので、何それと思いました。

そこで気になったので、3月30日のマフィアの日について調べてみることにしました!

すると、あのヤクザ的な「マフィア」という名前の由来の原点だということが分かりました!

 

なので今回は、3月30日のマフィアの日について紹介したいと思います。

スポンサードリンク


3月30日のマフィアの日とは?

3月30日のマフィアの日ですが、

1282年の3月30日に起きた、ある事件がこの日の由来です。

その事件とは、「シチリアの晩鐘事件」という事件です。

『シチリアの晩鐘事件』
シチリアの晩鐘事件ですが、
当時のシチリア島は、フランス国王の叔父であるシャルル・ダンジューの過酷な支配下でした。
そして、1282年の3月30日、晩祷(宗教において神や仏などを拝むこと)の為に教会の前に市民が集まっていた時、
フランス兵の一団がやってきました。
そして、そのフランス一団の一人が、その土地の女性に手を出そうとしたので、その女性の夫が兵士を刺したのです。
それをきっかけに、今まで溜まりに溜まった過酷な支配下を晴らすように、他の市民も兵士に襲いかかり、
フランスの兵士全員を殺してしまったのです。
その時に、晩祷を告げる晩鐘が鳴ったことから、「シチリアの晩鐘事件」と呼ばれるようになったのです。

 

なぜ、「マフィアの日」という名前になった?

「マフィアの日」という名前になった由来ですが、

「シチリアの晩鐘事件」をきっかけに、
シチリア全島では反乱が起こり、フランス人は見つかり次第、殺されていきました。
その時の合言葉(掛け声)が、

Morte alla Francia Italia anela(全てのフランス人に死を、これはイタリアの叫び)』

であり、頭文字を取ると、

『mafia(マフィア)』

になることから、3月30日は「マフィアの日」になり、
また、怖い印象の「マフィア」という名前もこの時生まれました。

スポンサードリンク


豆知識「マフィア、ギャング、ヤクザの違い」

マフィアの日ついて調べていると、

「そういえばギャングや、ヤクザもあるな」と思い、

違いがあるのか調べてみたので紹介したいと思います。

マフィア・・・もともとは、イタリアのシチリア島を起源とする集団。普段は素性を隠し、様々な犯罪を行っている。

ギャング・・・若者に多く、「ストリートギャング」のことを指すことが多い。

ヤクザ・・・マフィアは素性を隠すのに対し、ヤクザは、ヤクザということを表に出している集団。
親分と子分、兄貴分と弟分などがあるのが特徴。

 

まとめ

今回は、3月30日のマフィアの日について紹介しました。

『マフィア』という言葉もこの日に出来たのですね!

 

もう「シチリアの晩鐘事件」のような事件が起きないといいです(°_°)

-雑学