雑学

4月11日のガッツポーズの日とは?由来はガッツ石松!?

「ガッツポーズの日」がやってきました。

4月11日は、ガッツポーズの日ですよね!

、、、ガッツポーズの日??

「何それ?」

と思われる方も多いのではないでしょうか?

私も知りませんでした。

なので、4月11日のガッツポーズの日について調べてみました!

 

すると、ガッツポーズの日の由来について知ることができたので、紹介したいと思います。

スポンサードリンク


4月11日のガッツポーズの日とは!

4月11日のガッツポーズの日とは、

1974年4月11日に、東京の日大講堂で行われた、

「ボクシングWBCライト級タイトルマッチ」で、

挑戦者である『ガッツ石松』が、

チャンピオンの「ロドルフォ・ゴンザレス」にKO勝ちした日です。

 

そしてガッツ石松が、コーナーポストによじ登って、

「両拳を突き上げて喜びを表現した」

このポーズを見たマスコミが『ガッツポーズ』と表現したそうですよ。

 

4月11日にチャンピオンを下し、その時とったガッツ石松のポーズが日本に広がり、

『ガッツポーズの日』になったのですね!

 

 

じゃあ、『ガッツポーズ』という言葉の生みの親は、ガッツ石松さんだったのですね〜〜

、、、、、、え、違う!?

 

「ガッツポーズの日」は、ガッツ石松さんが由来ですが、

「ガッツポーズ」という言葉は、違うところで生まれたようですよ!

 

「ガッツポーズ」の由来は、ボウリング!?

ガッツポーズという言葉が生まれた由来は、

1972年11月30日に発行された、『週刊ガッツボウル』というボウリング雑誌に、

「ストライクを取った時のポーズは、ガッツポーズ!」

と記載されていたのが由来だそうです。

雑誌の中には、「自分だけのガッツポーズつくろう」という企画もあったようですよ。

 

ガッツポーズの言葉の由来は、

アメリカ人がストライクを取った時、

「ナイスガッツ!」と言ってとっていたポーズを、

日本人が「ガッツポーズ」と名付けたそうです。

 

『まとめ』

  • ガッツポーズの最初の由来は、『ボウリング雑誌』
  • ガッツポーズを広めたのは、『ガッツ石松』

です!

スポンサードリンク


豆知識!

『ガッツ石松の本名は?』

鈴木 有二(すずき ゆうじ)です。

 

『ガッツ石松さんが賞状の文章を変えた!?』

ガッツ石松さんは、弟に絡んできた8人のチンピラを全員KO!

正当防衛で釈放されましたが、

『チャンピオンは、「いついかなる時でも、誰の挑戦でも受けなければならない」と、賞状に書いてある。』

と、供述したことから、

それ以来、賞状のその部分の文章だけなくなったそうですよ(笑)

 

『答えは「YES」!?』

1997年に放送された、第17回全国高等学校クイズ選手権で、

「ガッツポーズとは元プロボクサーガッツ石松が勝った時のポーズから生まれた言葉である?」

というクイズが出題され、答えは、

「YES」だったそうです。

 

ガッツポーズを『広めた』のが、ガッツ石松さんですよ。

 

まとめ

今回は、4月11日のガッツポーズの日について紹介しました。

由来は分かったでしょうか?

 

せっかくのガッツポーズの日なので、

この日に、いきなり友達にガッツポーズをしてみるのもいいかもしれませんね(*^_^*)(笑)

-雑学