エイプリルフール 雑学

エイプリルフールの「嘘は午前中」の由来!公式ルールとは!?

エイプリルフールの時期がやってきました。

エイプリルフールといえば、

「午前中だけ」嘘をついても良いとされていますよね。

 

その「午前中だけ」という由来はどこから来たのでしょうか?

なので今回は、エイプリルフールの、

「午前中だけ嘘をついて良い」の由来について紹介します。

スポンサードリンク


そもそもエイプリルフールの由来は?

エイプリルフールの「午前中だけ」の由来の前に、

まず、今では世界のイベントの「エイプリルフール」の原点について紹介したいと思います。

 

『嘘の新年』
16世紀の西洋では、
旧暦で3月25日が新年で、新年を祝う祭りが、
4月1日まで続いていました。

しかし、1564年にフランスのシャルル9世が、
「新年は1月1日」という、新暦を作りました。

それに反抗したのが、国民であり、
反抗の意味で、
『嘘の新年である「4月1日」に馬鹿騒ぎをするようになった』

 

これが、エイプリルフールの原点の1つだと言われています。

 

「午前中だけ」という由来はどこから?

エイプリルフールは、「午前中だけ嘘を付く」というルールがあります。

その由来ですが、イギリスから来てると言われています。

 

イギリスには、オークアップルデー」という、

国王に忠誠を誓う証の「オーク(樫の実)」を身につける日がありました。

そのオークアップルデーの日に、「オーク」を身につけていない人は、

みんなから責められます。

しかし、「午後はオークをつけない」ので、

オークアップルデーは、「オークを午前中だけつける」日だったようですよ。

 

 

 

このオークアップルデーの、「午前中だけオークをつける」という習慣が、

エイプリルフールの「午前中だけ嘘をつける」のルールになったのが由来だそうです。

 

もともとは日本には、「午前中だけ」ルールは無かった!?

今では、辞書でも「エイプリルフールは午前中だけ嘘をつくもの」と書かれていますが、

本来は、そのルールは日本には存在しませんでした。

アメリカや他の国では、1日中嘘をついているようですよ。

 

そもそも「午前中だけ」というルールは、

イギリスと、イギリスの統治下であった国の、

イングランド、アイルランド、フィンランド、南アフリカなどだけのルールでした。

日本はイギリスの統治下ではないですもんね。

 

ではなぜ、日本でも「午前中だけ」ルールが生まれたのでしょうか?

それは、

『エイプリルフールの日に、誰かが「エイプリルフールは午前中だけ嘘をつくんだよ」という嘘を言ったから』

です。

 

その嘘が、種を明かさないまま日本に広がり、

よくよく調べてみたら、イギリスに「午前中だけルール」があり、

信憑性が上がり、日本でも「午前中だけルール」が定着しつつあるということです。

 

嘘が広がり定着って、、、すごいですね〜(笑)

スポンサードリンク


エイプリルフールの「ルール」はコレ!

それでは、日本のエイプリルフールの「公式ルール」を紹介したいと思います。

  • 嘘をつけるのは午前中だけ
  • 午後にはネタバレ
  • 午後は嘘をつけない
  • 傷つく嘘はNG
  • 嘘をつかれた人は怒ってはいけない

です!

人間ですから、タイミングが悪く怒られる時もあります。

その時は、「喧嘩をせず、すんなり引き下がる」というのもルールの1つだそうですよ(笑)

 

なかなか平和的な、ルールで助かりますね!

 

まとめ

今回は、エイプリルフールの、

「午前中だけ嘘をついて良い」の由来について紹介しました。

エイプリルフールの原点の由来や、

エイプリルフールの「午前中だけルール」の由来は分かったでしょうか?

 

エイプリルフールは、「みんなが楽しむイベント」です。

なので、傷つける嘘は絶対 NGですよ!

みんなが楽しい1日にしましょうね(*^o^*)

-エイプリルフール, 雑学