雑学

4月14日のオレンジデー!意味は?果たして流行るのか!?

オレンジデーの日がやってきました。

4月14日といえばオレンジデーですよね!

、、、オレンジデー?

「なにそれ?」「みかんの日?」

と思われた方も多いのではないでしょうか?

 

 

実は、4月14日のオレンジデーは、

 

「バレンタインデー」「ホワイトデー」に続く、

『第3の愛の記念日』なのです!

 

なので今回は、4月14日のオレンジデーの意味などについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク


4月14日のオレンジデーとは!

4月14日のオレンジデーとは、

『大切な人・愛する人に、「オレンジ(みかん)」をあげる日』

です。

 

そして、

「バレンタインデー」「ホワイトデー」に続く、

『第3の愛の記念日』なのです。

 

バレンタインデーでは、「チョコ」をあげますよね?

それの「オレンジバージョン」ということです。

 

ちなみに、「オレンジ」をあげると言っても、みかんだけではなく、

「オレンジの加工品(オレンジジュース、オレンジアイスなど)」や、「オレンジ色のプレゼント」など、

オレンジ関係全般OKです!

 

オレンジデーができた理由は?

オレンジデーができたのは、1994年で、

愛媛県の「柑橘類農家(かんきつるいのうか)」が作りました。

農家の人がこのオレンジデーという記念日を考えたのですね〜。

 

オレンジデーを作った意味ですが、

「オレンジをPRして、みんなに食べてもらうため」という意味で作られました。

 

そして、農家の人が作った「オレンジデー」と、『オレンジの花言葉』に注目した企業が、

バレンタインデー、ホワイトデーに続く記念日の定着を狙ったのです。

 

そのオレンジの花言葉ですが、「花嫁の喜び」です。

また、ヨーロッパでオレンジは、花と実が同時に実ることから、

「愛と豊穣(穀物が実ること)のシンボル」

と言われ、花嫁がつけるコサージュにも使われているそうですよ。

 

オレンジは、「結婚」や「愛」を結びつけているということから、

4月14日のオレンジデーを、バレンタインデーや、ホワイトデーのように、定着を狙っているのですね!

スポンサードリンク


オレンジデーは誰から誰にオレンジをあげる?

バレンタインデーは、「女性から男性へ」

ホワイトデーは、「男性から女性へ」

では、オレンジデーはどうなのでしょう。

それは、

『どちらからあげても大丈夫!』

です。

これなら、待つ必要も、行動する必要もないので、

プレッシャーを感じることなくオレンジデーを迎えれますね!

 

まとめ「オレンジデーは流行る?」

4月14日のオレンジデーの意味などについて紹介しました。

オレンジデーの意味や、オレンジデーがどんな日なのかは分かったでしょうか?

 

そして、このオレンジデーですが、

バレンタインデーやホワイトデーのように流行るのでしょうか?

それは、、、分かりません。

 

しかし、4月14日に彼氏や彼女、奥さんや旦那さんに、

「いきなりオレンジをあげてみてはどうですか?」

そうしたら、「前、彼氏にオレンジデーだからって、オレンジ貰ったー!」

など、口コミでオレンジデーの認知度が高くなり、流行る可能性もあります。

もしかしたら、あなたの行動がオレンジデーを流行らせるかもしれませんよ?d( ̄  ̄)

 

 

-雑学