ライフスタイル 雑学

キスマークの付け方!コツとは?上手に「吸う」がコツ!?

2017/02/11

「キスマーク」

皆さんは付けたことはありますでしょうか?

 

実はこのキスマーク、付け方にはコツがあるのです。

 

なので今回は、キスマークの付け方のコツを紹介したいと思います。

スポンサードリンク


キスマークの付け方のコツ!

キスマークの付け方のコツですが、

  • 「キス」をするというより「吸う」!
  • キスマークが付きやすいように、空気が漏れないようにする!
  • 10秒ぐらい吸う!

そうすれば、キスマークは付きますよ。

 

では具体的なキスマークの付け方の「順序」と「コツ」を見ていきましょう!

 

キスマークの付け方!

まずは、キスマークを付ける「順序」を紹介します。

  1. 口を軽く開ける→
  2. そのまま唇を皮膚に当てる→
  3. 口を「チューの形」にする→
  4. ストローで吸うように吸う→
  5. 10秒ぐらい吸う→
  6. キスマーク完成!

です!

では、1つ1つもう少し詳しく付け方のコツを紹介していきます!

 

1、口を軽く開ける

 

ご飯を食べる時の口の開きぐらいでOKです!

 

2、そのまま唇を皮膚に当てる

 

この時のコツは、

「深めに唇を当てる」ということです。

イメージとしては、「歯が当たるまで」です!

 

3、口を「チューの形」にする

この時のコツは、

「唇は皮膚から離さない」ということです。

唇を離さずに口をチューの形にしましょうね!

 

そうすることで、空気が漏れにくく、

そして、キスマークが付きやすい状態になりますよ。

 

4、ストローで吸うように吸う

あとは、ストローで吸うようにしましょう!

 

5、10秒ぐらい吸う

10秒ぐらい吸いましょうね!

 

6、完成!

これで、キスマークの完成です!

 

キスマークの付け方!「応用編」

応用というほどでもないですが、

「舐めながら吸う」「軽く噛みながら吸う」

というキスマークの付け方もあります!

 

「舐めながら吸う」と、皮膚が濡れるので、

より空気が漏れにくい状態になりキスマークが付きやすくなります。

 

「軽く噛みながら吸う」と、

一点に集中したキスマークを付けれますよ。

噛みすぎると痛がりますので注意を(笑)

 

1度やってみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク


キスマークの付け方の練習方法!

キスマークの付け方の練習方法ですが、

「自分の腕」で練習して見ましょう!

いきなり実戦で使っても失敗するかもしれませんしね(笑)

 

それに、「どれくらいの強さだと痛いのか」と自分で経験できますし、

「何秒だと綺麗なキスマークがに付くのか」「こっちのやり方が自分には合ってる」

「こっちのやり方が綺麗にキスマークが付く」など、

自分だけのキスマークの付け方を発見できるかもしれませんよ!

 

豆知識!

・皮膚が薄い部分はキスマークが付きやすい!

皮膚が薄い「首」「胸元」「お腹」は、キスマークが付きやすいですよ。

首元は、目立つのでほどほどに(笑)

 

・8割の人は、キスマークを付けれるのが好き!?

8割の人はキスマークを付けられるのが好きだそうです。

少し意外でした(笑)

 

しかし、「隠しにくい首元はちょっとやめてほしい、、、」

という人も多かったそうですよ!

 

まとめ

今回は、キスマークの付け方のコツを紹介しました。

 

コツは、

  • 「キス」をするというより「吸う」!
  • キスマークが付きやすいように、空気が漏れないようにする!
  • 10秒ぐらい吸う!

ですよ。

 

自分の腕で練習して、完璧なキスマークを付けてやりましょうね(*^_^*)(笑)

-ライフスタイル, 雑学