雑学

4月22日のアースデイとは!アップルのロゴが、、、。

アースデイの日がやってきました。

4月22日はアースデイですね!

、、、アースデイ?

「知ってる!」という方もいれば、

「知らない!」という方もいるのではないでしょうか。

ちなみに私は知りませんでした。

なので、自分で調べてみたところ、

この4月22日に「アップルストアのロゴが変わる」みたいです。

なんの日なのでしょうね?

そして、どういう風にロゴが変わるのでしょう。

 

なので今回は、4月22日のアースデイとは何の日なのかを紹介していこうと思います。

スポンサードリンク


4月22日のアースデイとは!

4月22日のアースデイとは、

『地球や環境のことを考えて、美しい自然環境に感謝する日』

です。

要するに、名前の通り「地球の日」ですね!

この日に、世界各地で色々なアースデイの取り組みが行われるそうですよ。

 

アースデイが出来たきっかけは?

アースデイが出来たのは、

1970年4月22日に、アメリカの「G・ネルソン上院議員」が、

環境問題についての討論集会を開催することを呼びかけ、

4月22日を「地球の日」にすることを宣言し始まりました。

 

ちなみに、1969年の国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)によって、

概念が定義されたのがきっかけです。

 

そして、最初は10年ごとに開催されていたアースデイですが、

1990年からは、毎年行われるようになりました。

スポンサードリンク


4月22日のアースデイに何があるの?

『アップルのロゴが変わる!』

引用:https://goo.gl/images/E0gQSx

写真のように、アースデイ期間限定で、アップルの直営店では、

「アップルのロゴの葉っぱの部分が緑に変わります」

ちなみに、アップルの店員も緑のシャツを着ているそうですよ!

ぶらっと、アップル店を見つけたら、確認してみてはどうでしょうか!

 

 

『Googleのロゴが変わる!』

引用:https://goo.gl/images/VE6ETy

インターネットでもアースデイの取り組みが行われており、

Googleのロゴが期間限定でアースデイ仕様になります!

写真は2015年バージョンです。

読み込む度に、ロゴが変わるみたいですよ!

 

『日本のアースデイ』

1990年から、日本もアースデイの取り組みが行われ、

「ゴミ拾い」「フリーマーケット」などが開催されました。

今では、日本全国各地でもアースデイのイベントが行われています。

中でも東京の「アースデイ東京」は、規模が大きく、

多くのNPO/NGO、市民団体が出展しているフリーマーケットや、

遺伝子組み換え食品を使わない体に優しいフードコーナーがあるそうですよ!

ぜひ!

 

まとめ

今回は、4月22日のアースデイとは何の日なのかを紹介しました。

 

このアースデイの日に、アップルストアに行ってみたり、

ネットでグーグルを開いてみたり、

近くで行われてるイベントに参加してみたりして、

少しでも、地球環境について考えてみるのもいいかもしれませんね(*^_^*)

-雑学