雑学

世界三大珍味のキャビア・フォアグラ・トリュフの味や値段!

みなさん、「世界三大珍味」という言葉はご存知ですか?

「キャビア」「フォアグラ」「トリュフ」

が世界三大珍味です。

名前はぐらいは、1度は聞いたことがあると思います。

 

その世界三大珍味ですが、

食べたことがない人は、「どんな味がするの?」

食べたことがある人は、「どっからこの珍味を取ってきてるの?」

などなど、気になる所があると思います。

 

なので今回は、世界三大珍味について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


世界三大珍味「キャビア」

引用:https://goo.gl/images/bgJX8f

キャビアとは、チョウザメの卵の塩漬けです。

 

『キャビアの味・食感』

塩味でプチプチとした食感です。

 

『キャビアの値段』

ピンキリですが、50グラムだと8,000円〜15,000円のが多いですよ。

 

『キャビアの種類』

チョウザメにも種類があり、種類によって取れるキャビアの形や味が変わります。

・ベルーガ・・・最も大きいチョウザメから取れるキャビアです。
卵のサイズは、1グラムあたり30粒で、マイルドな味が特徴です。

・オシェトラ・・・中型のロシアチョウザメ・シップチョウザメから取れるキャビアです。
卵のサイズは、1グラムあたり50粒で、ナッツの風味がするのが特徴です。

・セヴルーガ・・・小型のチョウザメから取れるキャビアです。
卵のザイズは、1グラムあたり70粒で、濃い味が特徴です。

・スターレット・・・最も小さいチョウザメから取れるキャビアです。
非常に希少で、弾力のある粒や、臭みがないのが特徴です。

 

『キャビアの豆知識』

1、チョウザメは「サメ」ではない!(見た目がサメに似てるだけでこの名前である)

2、キャビアの価格は上がっている!(チョウザメが減っているから)

3、キャビアをすくう時、銀のスプーンはNG!(銀の匂いが移ってしまうから)

 

世界三大珍味「フォアグラ」

引用:https://goo.gl/images/kWrd8Z

フォアグラとは、ガチョウやアヒル(鴨)の肝臓です。

 

『フォアグラの味・食感』

臭みがなく、柔らかい。あん肝のような感じです。

 

『フォアグラの値段』

フォアグラは、意外と高くありません!

アマゾンでも、最高級と言われるハンガリー産のフォアグラが、

500〜600グラムで約3,500円で売ってますね。

 

『フォアグラの種類』

・ガチョウのフォアグラ(フォアグラ ド オア)

・アヒル(鴨)のフォアグラ(フォアグラ ド カナール)

 

『フォアグラの豆知識』

フォアグラは、「オス」のガチョウやアヒル(鴨)から出来ている。

 

世界三大珍味「トリュフ」

引用:https://goo.gl/images/zLkluE

トリュフとは、写真のような「キノコ」です。

主にそのまま食べることはなく、料理に使われます。

 

『トリュフの味・食感』

表現しにくい味です。あまり味がしないという方もいますね。

食感は、歯ごたえのあるシャキシャキとした食感です。

(味と食感は、スライスした生のジャガイモがしっくりくるかも)

 

『トリュフの値段』

100グラム、4000円〜50,000円という本当にピンキリです。

 

『トリュフの種類』

大きく分けて、「黒トリュフ」と「白トリュフ」です。

白トリュフの方が、何倍も価値があります!

 

『トリュフの豆知識』

1、トリュフは、「黒いダイヤ」とも呼ばれる。

2、トリュフチョコレートは、世界三大珍味の「トリュフ」に似ていることから名付けられた。

 

スポンサードリンク


この世界三大珍味は、誰が決めた?

これは、なんとも言えないところです(笑)

その中でも「フランス人説」があります。

「フランス人説」は、

もともとフランス料理会が選んだ『フランス人が思う世界三大珍味』だったのですが、

それが世界に広がり、『世界の世界三大珍味』になったという説です。

 

実際はどうなのか分かりませんがね(笑)

 

世界三大珍味以外の珍味とは!

他の珍味についても紹介します。

  • ツバメの巣
  • フカヒレ
  • シュールストレミング(世界一くさい食べ物)

個人的には、「ウニ」や「ホルモン」も今思えば珍味だと思います。

自分だけの珍味を探してもいいかもしれませんね。

 

まとめ

今回は、世界三大珍味について紹介しました。

 

珍味=「美味しい」「高級」ではありません。

珍しい味が珍味です。

その珍しい味を1度は味わってはいかがでしょうか(*^_^*)

-雑学