雑学

2月17日は天使のささやきの日?由来は歴史的瞬間の日!?

2016/12/08

577440

天使のささやきの日がやってきました。

2月17日は天使のささやきの日ですよね!

 

、、、天使のささやきの日?

「なにそれ?」と思われる方が多いと思います。

私も知らなかったので由来調べてみると、歴史的瞬間の日だということが分かりました!

 

なので今回は、2月17日の天使のささやきの日の由来について紹介したいと思います。

スポンサードリンク


2月17日の天使のささやきの日の由来は?

では、2月17日の天使のささやきの日について詳しく紹介したいと思います。

 

『天使のささやきの日の由来』

天使のささやきの日の由来は、

1978年の2月17日に、北海道雨竜郡幌加内町母子里の北大演習林という場所で、

氷点下41.2℃が記録された日です。

これは、日本の最低気温です!

 

、、、ですが、この氷点下41.2℃は、気象庁が計った気温ではないので、非公認」になってしまい、

公認されている気温では、1902年1月25日に北海道旭川市が記録した、

41.0℃が公式の日本最低気温になっています。

 

これが、2月17日の天使のささやきの日の由来です。

では、この天使のささやきの日は誰が作ったのでしょう?

 

『誰がこの天使のささやきの日を作ったの?』

2月17日を天使のささやきの日に決めたのは、

1994年に、北海道幌加内町の当時の若者たちの「天使の囁きを聴く会」が作りました。

この天使の囁きを聴く会は、「天使の囁きを聴く集い」というイベントを1987年から開催しているそうですよ。

 

この毎年開催されているイベントでは「天使のささやき」が見れるそうですよ!

、、、天使のささやき?

そういえば、『そもそも天使のささやきって何!?』

と思われた方もいると思いますので紹介します。

 

『天使のささやきとは?』

天使のささやきとは、「ダイヤモンドダスト」のことです。

ダイヤモンドダストとは、氷点下10℃以下の時に空気中のチリなどが凍りつき、

それがキラキラと降ってくる現象です。

 

キラキラ降るダイヤモンドダストを、

天使のささやきと表現したのが由来だそうですよ。

スポンサードリンク


豆知識「世界の最高気温、最低気温は?」

この天使のささやきの由来を調べていると、「日本の最低気温」を知ることができました。

そこで!

世界の最高気温や、最低気温はどうなのかが気になってしまい、調べたので紹介します!

 

『世界の最高気温』

公式記録56.7℃・・・アメリカ「デスバレー」

非公式記録71.5℃・・・ジブチ共和国(少し怪しい記録だそうです 笑)

日本の公式記録41.0℃・・・高知県四万十市「江川崎」(2013年8月12日に記録)

 

『世界の最低気温』

世界最低気温93.2℃・・・南極大陸東部(2010年8月10日にNASAが記録)

人が住んでいる所の最低気温67.8℃・・・シベリア「ベルホヤンスク」「オイミャコン」

日本の公式記録41.0℃・・・北海道「旭川市」(1902年1月25日に記録)

 

世界は広いということが分かりますね(笑)

 

まとめ

今回は、2月17日の天使のささやきの日の由来について紹介しました。

 

由来は分かったでしょうか。

2月17日の天使のささやきの日は、

非公認ですが日本の最低気温を記録した日です。

 

少しずつ暖かくなる時期ですが、まだ風邪には気をつけましょうね(*^_^*)

-雑学