雑学

5月23日のキスの日とは!由来は?しかもラブレターの日!

キスの日がやってきました。

5月23日はキスの日ですよね!

、、、キスの日?

「なにそれ?」

と思われた方も多いのではないでしょうか。

私も知りませんでした!

 

しかし、気になったので調べてみることにしました。

 

なので今回は、5月23日のキスの日の由来について紹介したいと思います。

スポンサードリンク


5月23日のキスの日の由来とは?

5月23日のキスの日の由来ですが、

1946年5月23日に、

「日本で初めのキスシーンが映画で登場した日」です!

 

日本初めてのキスシーンの日だったのですね。

 

ちなみに、映画のタイトルは、「はたちの青春」という、

佐々木康監督が作られた映画で、

主演の「大坂史郎」とヒロインの「幾野道子」がキスシーンをしました。

 

 

この日本初めてのキスシーンですが、

本当はこの映画にキスシーンが登場する予定はなかったそうです。

 

というのも、当時の日本は、GHQの支配下であり、

映画製作も、GHQの管理のもと作られました。

脚本の中には、キスシーンはなかったのですが、

「キスシーンを入れろ」という要求があったようです。

 

 

しかし、結果オーライだったようで、

キスシーンがあるという話題が広がり、

映画館は蓮日満員だったそうですよ!

 

5月23日は「ラブレターの日」でもある!?

5月23日は「キスの日」であると同時に、

『ラブレターの日』でもあります。

 

ラブレターの日ですが、

これも「映画」が関係しており、映画会社の「松竹」が、

「『ラブ・レター』という映画のPRのために作られた日」だそうです。

 

なぜ、5月23日が「ラブレターの日」になったのかというと、

ラブレターは、日本語で「恋文(こいぶみ)」です。

なので、「こいぶみ→5(こ)(い) 2(ぶ) 3(み)」という語呂合わせが日にちの由来ですね。

 

また、監督が狙ったのかは分かりませんが、

この「ラブ・レター」という映画が、公開されたのも、5月23日だったそうですよ!

多分狙ってますね(笑)

スポンサードリンク


「キスの日」「ラブレターの日」に何をするの?

「キスの日」「ラブレターの日」ですが、

由来を見るだけでは、そこまでロマンチックな記念日ではありませんね(笑)

 

でも、せっかく「キスの日」「ラブレターの日」という名前の記念日なので、

この5月23日に、カップルや夫婦は「キス」をしたり、

普段言えないことを「ラブレター」として送ったりしてみるのも良いかもしれませんね。

2人の仲が深まるかも!

 

この日に、ラブレターで告白するのもアリかもしれませんね。

 

まとめ

今回は、5月23日のキスの日の由来について紹介しました。

あと、ラブレターの日も紹介しました!

 

映画で見る初めてのキスシーンは、どんな感じだったのでしょうか?

自分が初めて見たキスシーンを思い出してもいいかもしれませんね(*^_^*)

-雑学