母の日 雑学

母の日とは!意味や由来は?カーネーション以外の花はアリ?

母の日が近くなってきました。

母の日は、「母親に感謝する日」ですよね!

 

しかし、

「母の日がなぜ出来たのか」

という由来などを知らない方は多いのではないでしょうか?

 

なので今回は、母の日の意味や由来について紹介したいと思います。

スポンサードリンク


母の日の意味とは?

母の日の意味ですが、

「日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日」

です。

 

母親に感謝するだけではなく、

母親の苦労を知ることも大事なようですね!

 

意味はほとんどの方が知っていたと思います。

では、母の日の由来について見ていきましょう!

 

母の日の由来とは?

母の日の由来ですが、

「アメリカの親子の話し」が由来となっています。

 

アメリカのウエストヴァージニア州に、親子である、

「アンナ・ジャービス」という娘さんと、「アン・ジャービス」という母親がいました。

アンナさんは、とても母親のことが大好きでした。

しかし、1905年に母親は天国に行ってしまいます。

 

母親のことが大好きだったアンナさんは、

1907年、全国に「母の日」という祝日を作ろうという運動を始めました。

その運動のおかげで、少しずつ「母の日」はみんなから賛成されていき、

1911年には、アメリカのほとんどの州で「母の日」が祝われるようになりました。

 

そして、1914年、ウィルソン大統領の提案で、

『5月の第2日曜日を国民の祝日の「母の日」』に決められたそうです。

これが、母の日の由来です。

 

母の日が「5月の第2日曜日」になった由来は?

なぜ、母の日が、「5月の第2日曜日」になったのか気になるところですね。

それは、

1908年5月10日(日)、

ウェストバージニアの教会で、たくさんの人たちと一緒に、

「初めての母の日」を祝いました。

その「初めての母の日」が、「5月の第2日曜日」だったということです。

これが、日にちの由来です。

 

ちなみにこの日、

アンナさんは、参加者全員に「白いカーネーション」を配りました。

これがきっかけで、

「白いカーネーションは母の日のシンボル」になったそうですよ!

 

母の日に、カーネーション以外の花をあげても良いの?

「母の日=カーネーション」になっていますが、

別に、カーネーションにこだわる必要はありません。

 

というのも、アンナさんがなぜ、「カーネーション」をチョイスしたのかというと、

『母親が好きな花だったから』

という理由だったからです。

 

なので、母の日はカーネーションにこだわることなく、

「自分の母親が好きな花」「自分が想う母親が似合う花」

などを贈っても良いと思いますよ。

スポンサードリンク


豆知識!「日本で母の日はいつから始まった?」

日本の母の日は、1945年以降の、第二次世界大戦後に正式に制定されました。

 

ちなみに、アメリカから「母の日」が伝わってきたのは、結構前からであり、

1913年、青山学院に、アンナさんからメッセージが届いたのがきっかけと言われているみたいですよ。

 

豆知識としてどうぞ!

 

まとめ

今回は、母の日の意味や由来について紹介しました。

 

母の日は、

アンナさんの母親に対する「大好きという気持ち」から出来た、

素晴らしい記念日だったのですね!

 

日本にも母の日はあります。

なので、母の日を大事にし、

そして、母親を大事にしていきましょうね(*^_^*)

-母の日, 雑学