母の日 雑学

母の日のカーネーションの色の意味!え、あの色はダメ!?

母の日が近くなってきましたね。

母の日のプレゼントといえば、「カーネーション」ですね。

 

そのカーネーションですが、

「なぜ、母の日にカーネーションをあげるの?」

「意味は何かあるの?」など、意外に知らないとことがあると思います。

 

また、あげるカーネーションの色によって、意味も変わってくるようですよ。

 

なので今回は、母の日に贈るカーネーションの意味などについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク


母の日にカーネーションをあげる意味は?

母の日=カーネーションですよね。

それでは、母の日にカーネーションをあげる意味ですが、

それは、「母の日」ができたきっかけである、親子の物語が関係しており、

簡単にいうと、

『母と娘の親子がおり、亡くなった母親の好きだった花が「カーネーション」だったから』です。

 

もっと詳しく知りたい方はこちら↓

母の日とは!意味や由来は?

 

「母の日」が出来たきっかけである親子の、

母親が好きだった花がカーネーションだったことから、

母の日=カーネーションになったのですね!

 

母の日にあげるカーネーションの色の意味とは?

母の日のシンボルになっているカーネーションですが、

色によって、花言葉の意味が変わるとご存知でしたか?

なので、カーネーションの色の花言葉の意味を紹介したいと思います。

 

『OKなカーネーションの色の意味!』

  • 赤色・・・「母への愛」 (母親を心から愛してる方に。)(母の日の定番!)
  • ピンク色・・・「感謝」 (母親に対する感謝の気持ちが強い方に。)
  • オレンジ色・・・「純粋な愛情」 (母親のことが大好きな方に。)
  • 青色・・・「永遠の幸福」 (親孝行したい方に。)
  • 紫色・・・「気品」 (上品な母親へ。)

 

『NGなカーネーションの色の意味!』

  • 濃い赤色・・・「私の心に哀しみを」
  • 黄色・・・「軽蔑」「嫉妬」「愛情の揺らぎ」

このように、カーネーションの色によって、

意味が変わってきます。

自分の母親に合ってるカーネーションを渡せば良いと思いますよ!

スポンサードリンク


「母の日に贈ってはいけないカーネーションの色」がある!?

母の日に、贈ってはいけないカーネーションの色もあります。

詳しくいうと、「生きている母親」に贈ってはいけない色です。

それは、

白色です!

 

 

なぜかというと、親子の物語のとき説明したように、

カーネーションが好きだった母親が亡くなってしまいます。

その時、娘さんが母親に贈ったカーネーションが白色だったからです。

 

そして、アメリカでは、

母親が生きている人は「赤のカーネーション」

母親が亡くなっている人は「白のカーネーション」を母親に贈っているそうですよ。

 

 

ちなみに花言葉は、「尊敬」「純潔の愛」「亡き母を偲ぶ」です。

別に悪い意味の花言葉ではないので、

「白色のカーネーションが好きな母親」や、「違う花言葉の意味で白色を渡したい方」は、

白色のカーネーションを選んで良いと思いますよ。

 

まとめ

今回は、母の日に贈るカーネーションの意味などについて紹介しました。

 

カーネーションの色にも意味があったのですね!

母の日に自分で考えて、母親に合うカーネーションを選びましょうね(*^_^*)

-母の日, 雑学