雑学

3月8日の国際女性デーとは?ミモザとは?〜平等な世界へ〜

国際女性デーの日がやってきました。

3月8日は国際女性デーですね。

、、、国際女性デー?

『何それ?』『何をする日?』

と、思われた方も少なくないと思います。

私も知りませんでした。

なので、自分で調べてみることにしました。

すると、「女性のための日」ということが分かりました!

 

なので今回は、3月8日の国際女性デーについて紹介したいと思います。

また、調べていると「ミモザ」という言葉も多く出てきたので、

「国際女性デー」と、「ミモザ」の関係性についても紹介したいと思います。

スポンサードリンク


3月8日の国際女性デーとは?

3月8日の国際女性デーとは、1975年に国連が制定したもので、

『女性が社会・政治に平等に参加できる様に呼びかける日』

であります。

ちなみに国連とは「国際連合」のことで、

世界の平和と秩序、基本的人権を守るために作られた組織です。

加盟国は約193か国もあるので、「国際女性デー」は世界的な記念日ということですね。

 

3月8日の国際女性デーが作られたきっかけとは?

3月8日の国際女性デーが作られたきっかけですが、

1904年の3月8日に、アメリカのニューヨークで起きた「デモ」がきっかけです。

デモの内容ですが、

当時のアメリカは、参政権(政治に参加する権利)は、ほぼ男性だけで、女性にはありませんでした。

なので、それに不満を持った女性たちが、参政権を求めて大規模なデモを起こしというわけです。

このデモをきっかけに、

3月8日は「女性の日」という認識が世界に広まっていきます。

 

そこから、

1917年3月8日のロシアでは、女性労働者たちによるデモ。

1923年3月8日の日本では、赤瀾会(せきらんかい)という女性だけによる社会主義団体の初の集会。

が行われました。

色々あり、1975年に正式に国連が「国際女性デー」としたのですね。

 

ミモザとは?

国際女性デーを調べていると、「ミモザ」という言葉が多くあり、調べてみると、

ミモザとは、「花」のことでした。

 

このミモザの花を、国際女性デーの3月8日に、

「男性から女性」または、「女性から女性」へと渡すようです。

ミモザの花は、「愛や幸福の象徴」とも言われ、イタリアが発祥のようです。

今では、『ミモザは、国際女性デーを象徴する花』として世界に広がっているそうですよ。

スポンサードリンク


まとめ「国際女性デーに何をする?」

今回は、3月8日の国際女性デーについて紹介しました。

 

「国際女性デー何をするの?」と、聞かれても特にありません。

しかし、国際女性デーは、「男性と同じように、女性が平等に社会に参加できるようにするため」

という意味が込められています。

なので、『男性の方が、女性の方に普通(平等)に接すればいいのです』

逆も然りですね。

お互いが一人の対等な人として接していけば、男性も女性も共に成長できると思いますよ。

 

その第一歩として、ミモザの花を渡すのもいいかもしれませんね(*^_^*)

-雑学