雑学

3月7日の消防記念日とは!イベントもある?凄い訓練風景!

 

消防記念日がやってきました。

3月7日は、消防記念日ですよね!

、、、消防記念日?

『何それ?』

知らない方も多くいるのではないでしょう。

ちなみに私も「何それ?」でした(笑)

なので、気になったので調べてみることにしました。

 

すると、3月7日の消防記念日の由来があり、

また、イベントもあることも分かりました!

なので今回は、3月7日の消防記念日の由来や、イベントについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク


3月7日の消防記念日の意味とは?

3月7日の消防記念日は、

『日本の消防に関する理解と認識を深めるため』

という意味で作られました。

1950年の2月9日に国家消防庁(現在の消防庁)が、

この消防記念日を作ったそうですよ。

 

3月7日が消防記念日になった由来とは?

では、なぜ消防記念日は、3月7日なのでしょうか。

それは、消防組織法が1948年の3月7日に施行されたからです。

消防組織法とは、日本の消防の「活動範囲」「消防構成」「消防責任」などを市町村が規定する法律のことです。

簡単に言えば、「日本の消防の基本の形」ができた日です。

 

消防組織法が施行された日にちなんで、3月7日が消防記念日になったのが由来です。

 

3月7日の消防記念日のイベントとは?

消防記念日にちなんだイベントがあるので紹介します。

春の全国火災予防運動』

3月1日〜3月7日まで行うイベントで、
「火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防意識の一層の普及を図ることで、
火災の発生を防止し、高齢者等を中心とする死者の発生を減少させる」

という目的のイベントです。

この時期になると、呼びかけのポスターなどが貼られると思いますので、見てみるといいですね。

 

『式典』

3月7日に消防本部などで、式典があります。

式典内容ですが、
消防行政に大きく協力した「一般の方」に消防行政特別努力賞を進呈。
また、功労のあった「職員の方」に特別功労賞を授与するようですよ。

消防行政特別努力賞を貰えるような人になりたいものですね!

スポンサードリンク


消防訓練!

3月7日の消防記念日について調べていると、消防隊員の訓練風景を見ることもありました。

その訓練風景が凄かったです!(笑)

とてもかっこいいですね!

考えられないほどの量の訓練を、毎日しているのではないでしょうか!

頑張って欲しいです‼︎

 

まとめ

今回は、3月7日の消防記念日の由来や、イベントについて紹介しました。

由来は分かったでしょうか?

また、この3月7日の消防記念日にちなんだ、「火災の発生の防止をするため」にイベントも多くあるのですね!

 

この記事を見て、火元に一段と気をつけくれたら嬉しいです( ̄^ ̄)ゞ

 

-雑学