イースター 雑学

イースター!2017年はいつ!?日付を求める方法とは!

イースターの時期がやってきました!

日本でも少しずつ認知度が高くなってきた、この「イースター」ですが、

2017年のイースターはいつなのでしょうか?

なので今回は、2017年のイースターはいつなのかを紹介したいと思います。

 

また、毎年イースターの日付が変わるというのは知っているが、

「なんで日付が変わるのかは分からない!」

という方のために、

イースターの日付が変わる理由も紹介したいと思います。

スポンサードリンク


2017年のイースターはいつ?

2017年のイースターはいつなのか、

それはズバリ!

2017年4月16日(日)です!

 

ちなみに、2016年は3月27日(日)です。

月も変わる時もあるのですね〜。

 

では、今年の2017年のイースターがいつなのかも分かったところで、

なぜ、イースターの日付が変わるのかを見ていきましょう!

 

イースターの日付が変わるのはなぜ?

イースターの日付が変わる理由ですが、

『春分の日以降の、最初の満月の、次の日曜日』

と、定められているからです。

そういう決まりがあったのですね!

 

ちなみに、春分の日も毎年変わりますが、

時差の関係で、春分の日が世界によって異なってしまうので、

ここでいう「春分の日以降」というのは、「3月21日以降」という、

春分の日を「3月21日」と固定した日にちで計算しています。

 

イースターの日付を求めるには?

「イースターはいつなのか?」

と、自分で分かるように、求め方を紹介します。

 

ではまず、先ほど言ったように、

春分の日=3月21日です。

なので、3月21日以降の『満月』を探しましょう!

(「新月」ではなく、『満月』ですよ。)

そして、満月から数えた日曜日が「イースター」の日付です!

 

2016年の場合は、3月21日以降の満月は、「3月23日(水)」で、

そこから次の日曜は、「3月27日(日)」なので、その日がイースターです!

 

2017年の場合は、3月21日以降の満月は、「4月11日(火)」で、

そこから次の日曜日は、「4月16日(日)」なので、その日がイースターです!

 

分かったでしょうか?

難しいようで、簡単なので是非!

スポンサードリンク


なぜ日曜日?

イースターは、日付は変わりますが、

『日曜日』ということは変わりませんね。

それは、キリストの復活日が「日曜日」だったからと言われています。

 

また、キリスト教の人たちは、この日曜日に集会を始めたことから、

世界共通で日曜日が休みになったとも言われています。

 

まとめ

今回は、2017年のイースターはいつなのかと、イースターの日付が変わる理由を紹介しました。

 

イースターの日がいつなのかは、

3月21日以降の「満月の日」が分かれば簡単ですね。

 

今年の2017年のイースターは4月16日なので、

この日に、イースターエッグを作るのもいいかもしれませんね(*^_^*)

 

-イースター, 雑学