運動会 雑学

運動会の種目のアイデア!アイデア一つで定番種目が変わる!

運動会の時期がやってきました!

運動会を運営するにあたって欠かせないものといえば、

運動会の「種目」ですよね。

種目がないと何も始まりません。

 

その種目ですが、定番に飽きたという方もいると思います。

そこで、定番の種目を少しイジってみて、

変わった種目にしてみるというのはどうでしょうか?

 

なので今回は、少し変わった運動会の種目のアイデアを紹介したいと思います。

スポンサードリンク


運動会の種目のアイデア!『徒競走』

普通は、ただ走るだけの種目ですね。

アイデア①「後ろ向きで走る」
後ろ向きの徒競走です。

 

アイデア②「ぐるぐる回ってから走る」
よーいどん!の合図で、その場で10周回り、そこから走り出します。
早くスタートしたいから、回転を早くしたら、
走るときに走るづらくなるので、考えどころですね!

 

アイデア③「うつ伏せスタート」
スタート時が、うつ伏せからのスタートです。

 

アイデア④「スキップ」
走るのではなく、スキップでゴールを目指します。

 

運動会の種目のアイデア!『リレー』

普通は、バトンを渡していく種目ですね。

アイデア①「大根バトン」
バトンではなく、「大根」をバトン代わりにします。

 

アイデア②「くじ引きバトン」
「大根バトン」の延長ですが、
くじ引きで「チームのバトン」を決めます。
「大根バトン」「人参バトン」「キャベツバトン」など、
バトンの種類によって勝負が面白くなるかもしれませんね。

 

アイデア③「前向き→後ろ向きリレー」
第①走者は、前向きで走り、第②走者は、後ろ向きで走り、
第③走者は、また前向きで走るという、
前向き、後ろ向きを交互で走るリレーです。

 

運動会の種目のアイデア!『玉入れ』

普通は、カゴに玉を入れるだけの種目ですね。

アイデア①「下投げ玉入れ」
ルールとして、下投げしかできない玉入れです。

 

アイデア②「一人一人玉入れ」
「一人3球だけしか投げれない」という、集中力を使う玉入れです。

 

アイデア③「点数型玉入れ」
玉を色分けして、点数制の玉入れです。
例えば、青10点、緑20点、赤30点などです。

高い点数の玉は、重さを軽くして風に流されやすい作りの玉にすれば良いですね。

スポンサードリンク


運動会を盛り上げるアイデア!

運動会ですが、種目が始まると盛り上がりますよね。

ですが、その前にまず「種目名」で盛り上げてみるのはどうでしょうか!

 

普通の「徒競走」ではなく、

『この学校で1番速いのは誰だ!?』

という種目名にすると、

来賓の方も聞いていて楽しいですし、やる方も気持ちが上がると思いますので、

「種目名で盛り上げる」はオススメですよ!

 

まとめ

今回は、少し変わった運動会の種目のアイデアを紹介しました。

アイデアは、考えれば考えるほど出てくると思います!

 

定番の種目も楽しいですが、オリジナルの種目も、また違った楽しい運動会になると思いますので、

アイデアを出し合い、運動会を成功させましょうね(*^_^*)

-運動会, 雑学