雑学

梅雨の時の頭痛!原因は何?対策は?寝る前に光は見るな!?

梅雨の時期がやってきましたね。

梅雨といえば、なぜか起こる「頭痛」ではないでしょうか?

 

「梅雨の時、なんで頭痛になるの!?」「頭痛の原因は!?」「対策は!?」

と聞きたいことがたくさんあると思います。

 

なので今回は、梅雨の時、頭痛になる原因と、その対策について紹介したいと思います。

スポンサードリンク


梅雨の時期、頭痛になる原因とは?

梅雨になると、頭痛になる人がいますね。

その原因は、「低気圧」です!

よく梅雨の時期になると、

ニュースなどで、「低気圧」という言葉を聞くと思います。

 

低気圧とは、温暖前線と寒冷前線が停滞することで起こります。

低気圧になるとどうなるか?それは、

空気中の酸素濃度が低くなります!

 

空気中の酸素濃度が低くなると、

血液中の酸素の量も低下し、血管が膨張します。

そうなると、神経が圧迫され『頭痛』が起こるということです。

 

ですが、梅雨だからといって、

日本全国の人が頭痛を訴える訳ではありませんよね?

実は梅雨の時期に頭痛になる人には、ある原因があったのです!

 

梅雨になると頭痛になる人の原因とは?

頭痛になる原因が4つありますので紹介したいと思います。

1、疲れや、ストレスが溜まっている人

疲れやストレスが溜まっていると、自律神経が乱れます。

自律神経が乱れると、頭痛の原因になります。

 

2、甘いものをよく口にする人

甘いものを口にすると、血糖値が上がります。

甘いものは、急激に血糖値が上がり、そのあと、急激に血糖値が下がります。

その上がり下がりが頭痛の原因です。

 

3、冷たいものをよく口にする人

冷たいものを食べると、

口の中の温度が急激に下がります。

そのため体温を上げようと、頭に通じる血管を膨張させようとします。

その膨張が頭痛の原因です。

 

4、余分な水分を体に溜め込みやすい人

「湿邪」という悪い水分が体に溜め込みやすい人がいるようです。

その「湿邪」が頭痛の原因です。

 

5、空腹を放置している人

空腹になると、「低血糖状態」になります。

この低血糖状態が頭痛の原因です。

 

これらの人の原因が頭痛につながるそうです!

スポンサードリンク


梅雨の時期の頭痛対策とは?

梅雨の時期の頭痛の、具体的な対策を紹介します!

1、睡眠を十分にとる!

2、甘いものを食べ過ぎない!

3、冷たいものを食べ過ぎない!

4、大豆、そら豆、トウモロコシ、どじょう、スズキを食べる!

5、クーラーはほどほどにする!

6、適度な運動をする!

7、空腹な時間を作らない!

これが頭痛対策です!

 

睡眠や、運動で疲れやストレスをなくせます。

 

大豆、そら豆、トウモロコシ、どじょう、スズキなどは、

「利尿作用」があるので、余分な水分を出してくれます。

 

体の冷えは、頭痛につながるのでクーラーをガンガン使わないようにしましょう。

また、クーラーを除湿モードにするのも良いですよ!

 

これらで、対策をして梅雨の時期の頭痛をなくしましょう!

 

寝る前に光は見るな!

寝る前にケータイやテレビの光を見ると、

睡眠が浅くなってしまい、疲れが取れず、頭痛の原因になってしまいます。

現代は、寝ながらスマホをいじる方がとても多いです!

なので、「寝る前にスマホをいじらない」ということをするだけで、

梅雨の時期の、頭痛がなくなるかもしれませんよ。

 

まとめ

今回は、梅雨の時、頭痛になる原因と、その対策について紹介しました。

 

原因に当てはまる方は、それを改善していきましょう!

今年の梅雨は、原因を知り、対策を練って、頭痛のない梅雨にしましょうね(*^_^*)

-雑学