雑学

2月28日はビスケットの日!由来は?豪華なプレゼント!?

2016/12/08

8f4e3ca8b925d99b63e5fa748edae2d2_s

ビスケットの日がやってきました。

2月28日はビスケットの日ですね!

 

、、、ビスケットの日?

「知っている!」方もいれば「知らない!」という方もいると思います。

私は知りませんでした。

なのでこの2月28日のビスケットの日について調べてみることにしました。

 

すると、ビスケットの日の由来が分かりました!

そして、このビスケットの日にちなんだキャンペーンがあり、

プレゼントがなかなか豪華だということも分かりました!

 

今回は、2月28日のビスケットの日の由来と、キャンペーンのプレゼントについて紹介します。

スポンサードリンク


2月28日のビスケットの日の由来とは

では、2月28日のビスケットの日の由来ですが、

水戸藩の蘭学者であり、医師の柴田方庵(しばたほうあん)という人が由来に関係しています。

(蘭学者とは、オランダ語を通じてヨーロッパの学問の文化を研究した人)

 

『ビスケットの日の由来①』

1885年に茨城県の水戸藩の柴田方庵が、

水戸藩から外国情報の入手を依頼され、長崎に来ていました。

その入手する情報の中には「ビスケットの製法」もありました。

 

そして柴田方庵は、オランダ人から学んだビスケットの製法を、

手紙にして水戸藩に送ったそうです。

その日が、1885年の2月28日ということです!

このビスケットの製法で作ったビスケットが、

日本で初めて作られたビスケットだそうですよ。

 

『ビスケットの日の由来②』

由来はもう一つあります。

ビスケットの語源はラテン語で、「2度焼かれたもの」だそうです。

なので、語呂合わせで「2度=2」「焼く=8」で、

ビスケットの日を2月28日にしました。

 

『まとめ』

日本には、全国ビスケット協会があり、

「柴田方庵の手紙を送った日」と、「ビスケットのラテン語の語呂合わせ」という2つの由来から、

1980年に全国ビスケット協会が、2月28日をビスケットの日にしました。

スポンサードリンク


ビスケットの日のキャンペーンのプレゼントとは!?

ビスケットの日が近づくと、毎年、全国ビスケット協会がクイズキャンペーンを行います。

そのクイズに答えて応募し、抽選でプレゼントがもらえます。

どんなプレゼントかなと思っていたら、なかなかの豪華なプレゼントでした!

「2015年」

  • ハワイ6日間の旅(14組28名)
  • ビスケットセット2000円相当(2280名様)

「2016年」

  • ニュージーランド6日間の旅(14組28名)
  • ビスケットセット2000円相当(2,280名)

「2017年」

  • オーストラリア&南ドイツ6日間の旅(14組28名)
  • ビスケットセット2000円相当(2,280名)

応募に外れてもWチャンスでビスケットセットというプレゼントが貰えるかもしれません。

旅行券が当たったのに、ビスケットに交換した人も何人かいたそうですよ。

 

ビスケット好き方にはクイズキャンペーンのプレゼントはオススメですよ!

ちなみにクイズは、

2月28日は○○○○○の日」

という○の言葉を埋めるだけですよ。

 

まとめ

今回は、2月28日のビスケットの日の由来と、キャンペーンのプレゼントについて紹介しました。

 

由来には、柴田方庵と、語呂合わせが関係していましたね。

毎年行われている、全国ビスケット協会のキャンペーンのプレゼントもなかなか豪華だと思います。

2月28日はビスケットの日なので、ビスケットを食べてもいいですね(*^_^*)

-雑学