節分 雑学

節分で食べる豆の数の意味は?え、大豆以外を投げる所も!?

節分の季節がやってきました。

節分といえば豆まきですね。

 

いきなりですが、

節分での食べる豆の数には意味があると知っていましたか?

 

なので今回は、節分で食べる豆の数について紹介したいと思います。

スポンサードリンク


節分で食べる豆の数は?

節分で食べる豆の数は、

『年齢 ➕ 1個』

です!

では、なぜプラス1個なのでしょう?

 

節分で食べる豆の数は、なぜプラス1個?

そもそも節分で豆を食べる意味ですが、

「今年1年の厄払いをして、健康で幸せになるため」

という意味があります。

数え年として1個多く食べるということですね。

イメージとしては、10歳の人が10個豆を食べたとしたら、
11歳になってからは、「厄払いが出来ず、健康で幸せになれない」というイメージですね。
11歳になった時から効果がなくなる感じです。

なので、10歳の人は、11個豆を食べましょうね!

 

豆をたくさん食べれない!

豆の数は、年齢 ➕ 1個です。

ということは、

 

年齢が高くなるにつれて、

豆も多く食べなくてはいけないということです!

50代、60代ぐらいから少しきつくなるのではないでしょうか?

 

そんな方の為に、

『福茶』

というものがあります!

福茶とは、縁起の良いもので、

1年の厄払いには効果は抜群です!

なので、豆を多く食べれない方は、「福茶」で今年は健康でいましょうね。

 

福茶の作り方ですが、豆にお茶を注ぐだけで出来上がりです。

これだけで十分に縁起の良い飲み物ですが、

もっと美味しく、縁起が良くなる飲み方がありますので紹介します。

 

『もっと縁起の良い福茶の作り方』
・豆は3粒・・・3は吉数で縁起の良い数字で、「まめまめしく働ける」という意味があります。
・梅干し・・・おめでたい松竹梅の梅です。
・昆布・・・「よろこぶ(喜ぶ)」にかけている。(「よろこんぶ」ということですね)

これらに熱湯やお茶をかければ、縁起も倍増した美味しい福茶を飲むことができます。

梅干しは、種を抜いて少し潰しておくと梅味が強い福茶になりますよ。

ぜひ作ってみましょう!

スポンサードリンク


豆知識

・大豆ではないものを投げる!?

一般的に節分での豆まきは、「大豆」を投げます。(全国の7割)

しかし、大豆以外のものを投げている所もあるみたいですよ。

  • 落花生
  • うぐいす豆
  • ピスタチオ
  • アーモンド
  • 納豆
  • お菓子
  • お金

などなどです。

もはや豆ではないものもありますね(笑)

ちなみに落花生は、殻に2つ豆が入っていますが、殻ごとで数をカウントしているみたいです。

 

・「鬼は〜内!福は〜内!」!?

「鬼は〜外!福は〜内!」の掛け声で知られている節分の豆まきですが、

中には、「鬼は〜内!福は〜内!」と鬼を歓迎している所もあるみたいですよ。

鬼を祀っている神社や、苗字に「鬼」が付く家庭で見られる光景だそうです。

そういう所は、鬼を追い払っては縁起が悪いですもんね。

 

豆知識にどうぞ!

 

まとめ

今回は、節分で食べる豆の数について紹介しました。

節分での豆は、自分の年齢➕1個の数の豆か「福茶」にして、

今年も健康でいましょうね(*^_^*)

-節分, 雑学