雑学

メーデーとは!意味は?「休日」と「遭難信号」の2つの意味!

『メーデー』

皆さんは、この「メーデー」という言葉を聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

 

5月1日のメーデー?

遭難信号のメーデー?

はたまた、BUMP OF CHICKENのメーデーでしょうか?

 

なので今回は、様々な「メーデー」の意味について紹介したいと思います。

スポンサードリンク


5月1日のメーデーの意味とは!

この時のメーデーは、「May day」

つまり、「5月の日」ということです。

それでは、「5月1日のメーデー」について紹介します。

 

・メーデーとは

このメーデーは、

世界各地で行われ、労働者が団結して、権利要求と国際連帯の活動を行う日です。

簡単にいうと、「全世界の労働者たちのための日」です。

 

例えば、「給料を上げてほしい!「休日を増やしてほしい!」などの、要求を言ったりもしますね。

 

 

・メーデーが出来た由来とは

このメーデーができた由来ですが、

1886年の5月1日に、アメリカのシカゴで人々が、

「8時間労働制」を要求したのがきっかけです。

 

詳しく言うと、

その当時は、12時間労働、14時間労働が当たり前の時代でした。

それに不満を持った人々が、

『第1の8時間は仕事のために、第2の8時間は休息のために、そして残りの8時間は、おれたちの好きなことのために』

という目標でストライキを起こしたのです!

そして、1890年5月1日に、第1回国際メーデーが実行されました。

その後も、世界各地で労働者の権利を主張する運動が行われています。

 

 

・日本のメーデーとは

日本のメーデーですが、

1920年に、第1回メーデーが行われ、

「八時間労働制の実施」「失業の防止」「最低賃金法の制定」などを訴えました。

 

また、1964年には、「働けるだけ喰わせろ」というスローガン掲げた、第17回メーデーが行われました。

 

 

・メーデーは祝日?

この5月1日のメーデーという「労働者の日」は、

世界80カ国以上では「祝日」になっています。

 

しかし、日本では祝日になっていませんよね?

その理由としましては、

「勤労感謝の日と意味が被るから」

「5月1日は、GWが近く、金融機関が長期連休になってしまうから」

という理由です。

 

ちなみに大企業では、メーデーである5月1日を休日にしているところもあるみたいですよ!

スポンサードリンク


遭難信号のメーデーの意味とは!

この時のメーデーは、フランス語の「ヴネ・メデvenez m'aider)」

つまり、「助けに来て」ということです。

では、「助けに来てのメーデー」について紹介します。

 

・メーデーとは

このメーデーとは、

「助けに来て」という意味であり、

「無線電話で、遭難信号を発信する時に使われる、国際的な緊急用符号語」です。

 

基本的に、命の危機にさらされている緊急事態の時に使います。

警察、航空機の操縦士、消防士などが使う。

 

なお、一旦メーデーが発信されたら、

「救助の支援となる通信以外、いっさいの通信は許されない」

という決まりがあります。

なので「メーデー」を使うときは『本当に危険』という最終手段で使われます。

 

 

・メーデーの使い方とは

メーデーの使い方を紹介します!

・メーデー、メーデー、メーデー、こちらは、、、(メーデと3回言い、船や飛行機などの名称を伝える)

・メーデー、こちらの位置は、、、(GPS装置の示している緯度と経度などで、今どこにいるのかを伝える)

・こちらの状況は、、、(どういう状況かを伝える)

・乗員は○○名。救助を求む。

そして、しばらく応答がないか確認し、応答がなければ再び最初から繰り返す。

使うことはないと思いますが、豆知識にでもどうぞ。

 

 

・ちなみに、、、

ちなみにですが、「BUMP OF CHICKENのメーデー」と言う曲をご存知でしょうか?

あの「メーデー」は、この、「遭難信号のメーデー」についての曲だそうです。

 

そう考えて、曲を聴くと、

「あ〜なるほど。」となるかもしれませんよ(笑)

 

まとめ

今回は、様々な「メーデー」の意味について紹介しました。

 

メーデーの意味は分かったでしょうか?

一番身近なメーデーは、5月1日のメーデーだと思います。

他の国と同じように、5月1日が祝日になると嬉しいですね(*^_^*)

-雑学