雑学

6月12日の恋人の日とは!意味や由来は?何をする日?

恋人の日がやってきました。

6月12日といえば「恋人の日」ですよね!

、、、恋人の日?

「何それ?」

と思われたのではないでしょうか?

私もそうでした!

 

そこで調べてみた所、

「恋人の日」の意味や由来が分かり、

また、「恋人同士で写真を交換し合う日」でもあるそうですよ!

 

なので今回は、6月12日の恋人の日の意味や由来などについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク


6月12日の「恋人の日」の意味!

6月12日の「恋人の日」の意味ですが、

「恋人や家族、友人がお互いに贈り物を交換し、愛情と友情を深める日」

であり、日本では、「全国額縁組合連合会」が、1988年に制定しました。

 

愛情と、友情を深める日だったのですね!

ちなみにこの記念日の発祥は、ブラジルです!

 

この6月12日の「恋人の日」の意味は分かりました。

では、なぜこの記念日が作られたのかの「由来」を見ていきましょう!

 

6月12日の「恋人の日」の由来!

恋人の日の由来ですが、6月12日の次の日である、

6月13日の「聖アントニオの日」という記念日が関係しているそうです。

 

・「聖アントニオの日」とは?

そもそも「聖アントニオ」がどういう人なのかというと、

聖アントニオは、「結婚」「縁結び」「花嫁」「愛」などの聖人とされており、

国民からとても人気のある人でした。

しかし、1231年6月13日に38歳という若さで亡くなってしまいます。

そこで、国民が「聖アントニオが亡くなった日を記念日にしよう!」ということから、

6月13日は「聖アントニオ」の日となり、

今でも、聖アントニオは「縁結びの神」、「女性の守護神」として人気が高く崇められているそうです!

 

 

・恋人の日の由来とは?

恋人の日の由来ですが、

聖アントニオは「縁結びの神」、「女性の守護神」と崇められていることから、

その「聖アントニオの日」の前日である6月12日は、

『恋人同士や夫婦間、お互いに贈り物をする』という風習がブラジルでは生まれました。

そして、「サンパウロ商業協会」が1952年に6月12日を「恋人の日」と名付けたそうです!

 

これが、恋人の日の由来です!

スポンサードリンク


6月12日の「恋人の日」に何をするの?

「恋人の日」という記念日の発祥地であるブラジルでは、この日に、

『恋人同士が、写真立てに写真を入れ交換しあう』ということをやっています!

 

「写真立てに写真を入れ交換しあう」という所に目をつけた日本の「全国額縁組合連合会」が、

「恋人の日」を作りましたので、

日本でも、『写真立てに写真を入れ交換しあう』ことをする日です!

しかし、まだまだ、日本では「恋人の日」は広まりきっていません。

 

なので、この記事を見てあなたが「恋人の日」を流行らせても良いかもしれませんね!

 

まとめ

今回は、6月12日の恋人の日の意味や由来などについて紹介しました。

 

意味や由来は分かったでしょうか?

先ほども言いましたが、「恋人の日」は、日本ではまだまだ定着していませんね。

ちなみにヨーロッパでは、「バレンタインデー」よりも「恋人の日」の方が盛り上がるみたいですよ。

 

これをきっかけに、6月12日の恋人の日は、

写真立てに写真を入れてプレゼントしてみてはどうですか(*^_^*)

-雑学