雑学

5月3日の憲法記念日とは!意味や由来!似てる祝日がある?

GWの長期連休の1つの、5月3日の「憲法記念日」。

GWという長期連休が楽しみなため、

「憲法記念日」が何の日なのかを知らない方も多いのではないでしょうか?

私もそうでした(笑)

 

しかし、ふと気になったので調べてみることにしました!

 

なので今回は、5月3日の憲法記念日の意味や由来について紹介したいと思います。

スポンサードリンク


憲法記念日の意味や由来!、、、の前に!

憲法記念日の意味や由来を紹介する前に、

『日本国憲法』について簡単に紹介したいと思います。(その方が、理解しやすいと思うので!)

 

日本国憲法とは、

・「国民主権」

・「平和主義」

・「基本的人権の尊重」

を柱にした、

「日本が第二次世界大戦で負けた後にできた」日本の新しい『希望の憲法』でした!

 

そしてこの「日本国憲法」が施行された日にちが、

1947年の『5月3日』です!

 

では、その次の年の、

1948年5月3日に制定された「憲法記念日」について紹介したいと思います。

 

憲法記念日の意味や由来!

・憲法記念日の意味とは?

5月3日の憲法記念日の意味ですが、1948年5月3日に、

日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」

という意味の目的で制定されました。

つまり、

「日本国憲法が出来たことを記念し、どんどん国を成長させていこう!」ということです。

 

憲法記念日の意味は分かったと思います。では、次に由来を見ていきましょう。

 

 

・憲法記念日の由来とは?

憲法記念日が出来た由来ですが、

「日本国憲法という日本の新しい希望ができた日を、記念に残そう!」

という意味で憲法記念日は制定されました!

 

憲法記念日を5月3日にしたのも、

先ほど説明したように、主役となっている『日本国憲法』を作られたのが、

1947年の「5月3日」だったからですね。

 

「日本国憲法」が制定された日を、

「憲法記念日」として祝日にしたのが由来ですね!

スポンサードリンク


豆知識!「似ている祝日とは?」

『文化の日』

皆さんは文化の日をご存知でしょうか?

11月3日は、「文化の日」です。

 

文化の日とは、

「日本国憲法が公布された日」です。

、、、!?!?!?

「日本国憲法が作られたのは5月3日じゃないの??」

と、思われる方もいると思います。

 

詳しくいうと、

1946年11月3日に、日本国憲法が『公布』

1947年5月3日に、日本国憲法が『施行』

されたのです。

公布・・・憲法を作り、国民に発表した日。

施行・・・作った憲法の効果を発動させた日。

です。

 

文化の日は、憲法記念日と似ていますが、

詳しく見ると違うので間違えないようにしましょうね!

 

まとめ

今回は、5月3日の憲法記念日の意味や由来について紹介しました。

 

意味や由来は分かったでしょうか?

少しややこしいですね(笑)

 

とりあえず、GWでただ休日を楽しむだけではなく、

このように、「なぜ休みなのか?」を知るのも楽しいと思いますよ(*^_^*)

-雑学