父の日 雑学

父の日とは!由来は?牧師教会にお願いした事で出来た日?

父の日がやって来ました!

 

いきなりですが、皆さんは父の日の由来はご存知でしょうか?

父の日の由来を知り、もっと父に感謝しましょう!

 

なので今回は、父の日の由来について紹介したいと思います。

スポンサードリンク


父の日の意味とは!

父の日の意味ですが、

『父に感謝し、その感謝を表す日』ですね!

 

それでは、意外に知らない父の日の由来についてみていきましょう!

 

父の日の由来とは!

父の日の由来ですが、

アメリカのワシントン州に住む家族の話しが由来になっています。

では由来です!

アメリカのワシントン州に、「ウィリアム・ジャクソン・スマート」という父親と、

その奥さんと、6人の子供がいました。

そんなある日、父親は、戦争に召集されてしまい、

母親は、一人で6人の子供を育てることになってしまいます。

 

しかし、一人で育てていたこともあってか、母親は過労が原因で亡くなってしまいます。

そこから、妻に先立たれた父親は、男手一つで6人の子供を育てました!

父親は、子供全員が成人になったのを見守ってから、役目を果たしたかのように亡くなります。

 

そんな男手一つで育ててくれた父に、ずっと感謝していた子供の一人である彼女、

「ソノラ・スマート・ドッド」は、ある日、「母の日」という存在を知り、

『母に感謝する日があるならば、父に感謝する日も必要だ!」と考え、1909年、教会の牧師にお願いをしにいったそうです。

牧師協会へお願いしに行ったこの日が「父の日のきっかけ」です!

 

そこから、だんだん「父の日」がアメリカ各地で広まり、

1916年、当時の大統領「ウッドロー・ウィルソン」が、

父の日の演説を行い、アメリカ全土で「父の日」が行われるようになりました。

 

そして1966年、当時の大統領「リンドン・ジョンソン」は、

6月の第3日曜日を「父の日」と定め、

1972年には、正式に国の記念日になりました。

 

ちなみに日本では、1950年ごろから父の日は広まり、

1980年ごろに正式な行事になりました。

 

なぜ父の日は6月の第3日曜日?

なぜ父の日が6月の第3日曜日なのかというと、

父の日ができたきっかけである、娘のソノラ・スマート・ドッドが教会にお願いしに行った日が、

1909年6月19日という、第3日曜日だったからです。

また、この日に「最初の父の日を祝ったこと」と、「父親の誕生日が6月である」ということも、

6月の第3日曜日になった由来とも言えますね!

スポンサードリンク


父の日はバラ?

アメリカでは、父の日に「バラ」を贈ります。

そのバラですが、

ソノラ・スマート・ドッドが父の日にお墓の前に、「白いバラ」を供えたことから、

バラは父の日のシンボルになっているそうですよ!

 

ちなみに日本では、「バラ」という特定の花は特になく、

幸福や希望の意味の「黄色」が父の日のシンボルになっていますね!

 

まとめ

今回は、父の日の由来について紹介しました。

 

父の日の由来は分かったでしょう?

子供を男手一つで育てた、かっこいい父親の話しが、

父の日ができたとも言えると思います。

なので、自分の父親にも「仕事を頑張ってくれてありがとう!」

という感謝の気持ちを伝えましょうね(*^_^*)

-父の日, 雑学