バレンタイン 病気・健康 雑学

チョコレートの食べ過ぎで気持ち悪い!どうすればいい!?

2016/12/08

53e79f5ba594598a7060d5c77e6ffd5d_s

チョコレートといえばバレンタインですね。

今では、バレンタインの時に義理チョコや、友チョコをがありますので、

チョコレートを食べる量も増えてきているのではないでしょうか?

 

そして、

「チョコレートの食べ過ぎで気持ち悪い。」

と経験した人も少なくはないのではないでしょうか。

 

実はその『気持ち悪い』は体からの警告なのです!

それでもチョコレートを食べ続けると大変なことになりますよ。

 

なので今回は、チョコレートの食べ過ぎで気持ち悪い理由と、

気持ち悪くなった時はどうすればいいかを紹介したいと思います。

スポンサードリンク


チョコレートの食べ過ぎで気持ち悪い理由!

チョコレートの食べ過ぎで気持ち悪い理由ですが、

チョコレートに含まれる、

  • 脂質
  • カフェイン
  • 砂糖

の摂り過ぎが気持ち悪くなる一番の原因です!

 

『脂質』は摂りすぎると気持ち悪くなります。

お肉などを食べ過ぎた後も、「なんだか気持ち悪い」「胃がムカムカする」という経験があると思います。

お肉にも「脂質」がたくさんありますのでそれと一緒ですね。

 

『カフェイン』は、適量なら集中力が上がったり、眠気防止になるのですが、

摂り過ぎると、「吐き気」「胃痛」の原因になりますよ。

 

『砂糖』は、食べ過ぎると血糖値が急激に上がります。

そして、その急激に上がった血糖値が下がった時に、

「頭痛」を引き起こします。

 

チョコレートには「脂質」と「カフェイン」「砂糖」など、

食べ過ぎたら気持ち悪いと感じる成分が入っていますので、

チョコレートを食べ過ぎたら気持ち悪くなります。

 

気持ち悪くならないためには?

気持ち悪くなりたくないのなら、当たり前ですが、

『チョコレートの食べ過ぎをやめましょう!』

個人差はあると思いますが、一般的に、

『板チョコ3枚は食べ過ぎです』

なので、「板チョコ3枚は食べない!」や、

チョコレートを食べ過ぎて、気持ち悪いと感じたことがある方は、

その量を覚え、「自分はどれくらいチョコレートを食べたら気持ち悪くなる」かを把握しているといいですね。

 

また、『チョコレートの成分を知る』のも大事ですね。

気持ち悪くなる原因の「砂糖」を減らそうと思い、

カカオ率が高いチョコレート(カカオ70%)を選ぶ方もいますが、

砂糖は確かに少ないですが、カカオには「カフェイン」「脂質」が多く含まれています。

カカオ率が高いからと言って食べ過ぎたら、気持ち悪くなる原因になりますので気をつけましょうね!

 

チョコレートの食べ過ぎで気持ち悪くなったら?

  • 水を飲む!
  • 安静にする!
  • 胃薬を飲む!

が、チョコレートの食べ過ぎで気持ち悪くなった時の、効果がある対処法です。

中でも、水を飲むについては、

チョコレートだけではなく、呑みすぎ食べ過ぎの時にも効果を発揮します!

水をたくさん飲んで安静にしましょうね。

スポンサードリンク


まとめ

今回は、チョコレートの食べ過ぎで気持ち悪い理由と、気持ち悪くなった時はどうすればいいかを紹介しました。

食べ過ぎた時は、「水」です!

 

ちなみにチョコレートを食べ過ぎたら、

『糖尿病』

になります!

「気持ち悪い!」という体からの、『一番最初の警告』を無視しないで、

病気にならないようにしましょうね。

 

チョコレートだけではなく、なんでも食べ過ぎたらよくありません。

ほどほどにして体を大事にしましょうね( ̄^ ̄)ゞ

-バレンタイン, 病気・健康, 雑学